2019年05月24日 08:27

馬見塚喜康展 5/22~5/28

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画
.
馬見塚喜康展
5月22日(水)~28日(火)
10:00〜19:00(最終日は16:00閉場)
.
作家在廊
5/22(水)pm
5/24(金)pm
5/26(日)pm
.
♦「こもれび」シリーズ












今展では、木々の合間から差し込むこもれびを描いた「こもれび」シリーズと、夜の街の情景を描いた「よるのまち」シリーズを、光をテーマとして二部構成で展示しております。
ぜひご来廊をお待ち申し上げます。
.
.

1984年 愛知県生まれ
2010年 愛知県立芸術大学大学院修了
.
.
#馬見塚喜康 #yoshiyasumamitsuka
#こもれび #よるのまち
#愛知県立芸術大学 #油画
#art #painter #oilpainting #contemporaryart
#豊田画廊 #豊田市 #コモスクエア  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年05月23日 13:59

馬見塚喜康展 5/22〜5/28

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画
馬見塚喜康展

5月22日(水)~28日(火)
10:00〜19:00(最終日は16:00閉場)









一遺構の連作について一

私は、ここ10年余り、日常生活を送る中で、ふと感じる懐かしさや心地よさを感じる光をテーマに作品を作ってきました。自分にとって居心地の良いものを作れば作るほど、その反対側にあるものに対して、知らず知らずのうちに力を与えていたように思います。ここ数年は、心地よい光を描きながら、なぜか得体のしれない恐怖を感じていました。本当は、世界には両方のものがあるのではないだろうか?その片方を見て見ぬふりをすることは、危ういことではないだろうか。

今、生きる世界の心地よいものも、嫌なものも受け入れたい。光も闇も。そう思えたときに最初に描いたのが「産業奨励館(原爆ドーム)」の連作でした。

産業奨励館(原爆ドーム)を実際に取材しましたが、自分の日常からあまりに隔絶された産業奨励館は、私には、感情的にも理性的にも何を捉えていいのか分からない、「得体のしれない何か」としか言いようのないものでした。

残酷なことですが、産業奨励館(原爆ドーム)の出来事は事実です。実際に起こった出来事ですし、これから先、この世界にも起きうる出来事です。そんな世界に生きている。どんなに嫌がっても、受け入れるしかない事実なのだな、と認められたら、得体のしれない恐怖は少し薄まることになりました。




遺構の連作で、もう一つ、どうしても描きたかったのが東日本大震災で廃墟となった震災遺構でした。産業奨励館(原爆ドーム)よりも、より身近に感じる方もいるのではないでしょうか。私は2018年10月に現地を取材させていただきました。

初めに南三陸町防災対策庁舎を取材しました。亡くなる直前まで、防災無線で町民に対して非難を呼びかけた遠藤未希さんの報道を視聴された方もいるのではないでしょうか。他にも高野会館、さんさん商店街、お寺にあるお墓なども、拝見させていただきました・・・。

陸前高田市まで北上し、遺構となった施設、復興しつつある風景を見ました。気仙中学校や商業施設跡、文字通り何もなくなった跡地・・・。

震災遺構の周りはキレイに整地されていたり、約10mの防潮堤の盛土がされていたりで、震災以前の風景が分からない様子でした。


取材を終え、制作を開始しましたが、制作は思うように進みませんでした。

被災された方を思うと、作りづらい気持ちもありました。

制作を進める中で、ただリアルに細密に描写するだけでは、完成から遠ざかるように感じました。結局、細部をつぶし、少しボンヤリと描いたあたりに完成があるように感じました。それは、描きかけの中に何度も見た風景でした。

少しボンヤリとした風景・・・。震災遺構の作品を見つめていると、私は、二つの画像が頭に思い浮かびます。一つは報道でみた、津波で町が破壊されていくときに起こる砂埃です。そしてもう一つは、復興の工事で、故郷の風景がゴソっと入れ替えてしまう工事で起こっている砂埃です。

私は、このボンヤリとした空気の向こうにある施設を通し、壊されて変わりゆく日常のやるせなさを感じつつ、それを受け入れるしかない行き場のない思いを感じます。

望む、望まないに限らず、事実として起きた(起きている)ことです。日常とは簡単に崩れうるものです。だからこそ美しい。儚い。そしてかけがえのないもの。 闇の世界はそれを教えてくれているように感じます。

遺構を描き、やるせない思いは大きくなりました。しかし、この世の陰から目を逸らしていた時に感じていた得体のしれない恐怖は薄まったように感じます。この連作を描くのは辛いですが、大切なことにも感じます。

最後に、被災地のカメラマンの佐藤信一さんが、津波で流された街を見つめ、泣いている被災者の方を撮った写真に寄せたコメントを紹介したいです。

「レンズを向けて ごめんなさい。 でも 辛い記憶も記録として残さないとと思う。 二度と繰り返さない為に

もう、つらい写真はとりたくない。」

平穏な日常を心よりお祈り申し上げます。


馬見塚 喜康  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年05月23日 02:25

馬見塚喜康展 5/22〜5/28

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画
.
馬見塚喜康展 開催中

5月22日(水)~28日(火)
10:00〜19:00(最終日は16:00閉場)







木々の合間から差し込むこもれびや、夜の街の情景を描いた作品など、油彩画約20展を展示致します。ぜひご高覧ください。 .


1984年 愛知県生まれ
2010年 愛知県立芸術大学大学院修了
.
.
#馬見塚喜康 #yoshiyasumamitsuka
#こもれび #よるのまち
#愛知県立芸術大学 #油画
#art #painter #oilpainting #contemporaryart
#豊田画廊 #豊田市 #コモスクエア  » 続きを読む
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年05月22日 12:40

馬見塚喜康展 5/22〜5/28

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画

馬見塚喜康展
5月22日(水)~28日(火)
10:00〜19:00(最終日は16:00閉場)

作家在廊
5/22(水)pm
5/24(金)pm
5/26(日)pm

今展では、木々の合間から差し込むこもれびを描いた「こもれび」シリーズと、夜の街の情景を描いた「よるのまち」シリーズを、光をテーマとして二部構成で展示しております。

♦「よるのまち」シリーズ






また、作家が悩み考え光も闇も受け入れるべきと「産業奨励館(原爆ドーム)」や「震災遺構」を描いた連作も展示しております。作家の強い思いが込められた作品です。ぜひご高覧くださいませ。






1984年 愛知県生まれ
2010年 愛知県立芸術大学大学院修了
.
.
#馬見塚喜康 #yoshiyasumamitsuka
#こもれび #よるのまち
#愛知県立芸術大学 #油画
#art #painter #oilpainting #contemporaryart
#豊田画廊 #豊田市 #コモスクエア  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年05月08日 12:46

第6回 丹桂の会 5/8〜5/14

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画
第6回 丹桂の会

阿野義久 小川真澄 酒井章帆 坂本泰漣 原 勉

5月8日(水)~14日(火)
10:00〜19:00(最終日は16:00閉場)

1980年代に愛知県立芸術大学油絵科を卒業した作家たちによるグループ展です。
明日の洋画壇を担う実力派作家による秀作の数々をぜひご高覧ください。



阿野義久「 Street corner 」F4


小川真澄「響き」F8


酒井章帆「ファルベ -木馬のロンドー」F8


坂本泰漣「新しい太陽」53.0×72.7


原 勉 「 bloom 」S8
.
.
#洋画 #具象絵画 #抽象絵画
#愛知県立芸術大学 #丹桂の会 #丹桂はキンモクセイのこと #当時県芸に咲いてたという記憶より #阿野義久 #小川真澄 #酒井章帆 #坂本泰漣 #原勉  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年03月09日 08:35

期末決算 絵画特別ご奉仕会 3/13〜3/26

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:日本画カテゴリ:洋画

期末決算 絵画特別ご奉仕会

3月13日(水)~26日(火)
10:00~19:00(最終日16:00閉場)

期末決算を機に「絵画特別ご奉仕会」を開催いたします。
日本画・洋画・版画を多彩に取り揃えお求めやすい価格にて展示即売いたします。
ぜひこの機会をお見逃しなくご来場くださいますようご案内申し上げます。


野田弘志「薔薇」 10号
.
.
.
#豊田画廊 #豊田市   
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年02月06日 19:11

山 本 あ き 展 -完全体までの距離-

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画


山 本 あ き 展
-完全体までの距離-

2月6日(水)~2月12日(火)

ヴィヴィッドな色彩で個性的な対象を描く山本あきさんの個展を開催いたします。モダンな空間にシャープなインパクトを与えてくれる作品の数々をぜひご高覧ください



「完全体までの距離」F8 和紙・アクリル


























山本あき profile
1985年  愛知県名古屋市に生まれる
2008年 個展「『うちゅう』って『ぼく』のこと?」(アートスペースA-1/名古屋)
     新生展 新生賞(新生堂/青山)
2009年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科デザイン領域修了
2009年度 三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生
     個展「悲しくて幸福な怠惰」(新生堂/青山)
     第6回三菱商事アート・ゲート・プログラム入選(以後7回、9回、10回入選)
     アートフェア「テグアートフェア」(韓国テグ市EXCO)
        グループ展「シブヤスタイル vol.3」(西武渋谷店 美術画廊/渋谷)(その後vol.4、vol.5出品)
2010年   個展「山本あき展」(西武渋谷店プラチナサロン/渋谷)
     ULTRA003(スパイラル/青山)
    グループ展「MITSUKOSHI ART FAIR」(日本橋三越本店/日本橋)
2011年 アートフェア「Young Art Taipei」(台北)
     個展「secret room」(新生堂/青山)
     アートフェア「アートフェア東京2011」(東京国際フォーラム/丸の内)
     グループ展「Kawaii exhibition in Shanghai」(Office 339 viewing space/上海)
     個展「山本あき洋画展 おはなしのとちゅう」(松坂屋本店/名古屋)
2012年 グループ展「Kawaii+大賞展」(スパイラル/青山)
     個展「山本あき展 -クリスマスケーキのサンタさんは僕が食べるの-」(西武池袋本店/池袋)
2013年 グループ展「Kawaii+大賞展」(志賀高原ロマン美術館/長野)
2014年 個展「第2回山本あき洋画展 -泣く子は育つ-」(松坂屋本店/名古屋)
     グループ展「Querschnitt」(SHINSEIDO TOKYO BERLIN ART BOX/ドイツ)
     個展「山本あき展 –大きな水たまりと小さな水たまり–」(新生堂/青山)
2015年 個展「山本あき展-time-」(三越銀座店/銀座)
     個展「山本あき展–いきるためにいきる–」(そごう千葉店/千葉)
2016年 グループ展「S-ELECTIONS](そごう柏展/千葉)
2017年 グループ展「nine colors Ⅺ」(西武渋谷店/渋谷)
     グループ展「Washi」 (OSSAM Gallery・BBFL Gallery/NY)
2018年 アートフェア「上海アートフェア」(SHANGHAI WORLD EXPO EXHIBITION & CONVENTION CENTER/上海)
     グループ展「Japanese Paper Exhibition」(GALLERY LA MER/ソウル)

  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2019年01月06日 10:10

新春絵画蔵出し市 1/4~1/15

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:日本画カテゴリ:洋画カテゴリ:版画

明けましておめでとうございます。

「新春絵画蔵出し市」1/4(金)~1/15(火) 
巨匠から実力作家まで、日本画、洋楽、版画まで取り揃え新春ならではのご奉仕価格にて展示即売しております。
15日(火)までの開催です。どうぞお見のがしないようご来場くださいますようご案内申し上げます。


谷川泰宏「不二」 10号







【 豊田画廊 】
✲ 豊田市喜多町2-160 コモスクエア ウエスト1F (名鉄豊田市駅徒歩3分)
✲ 10:00~19:00 (最終日は16:00閉場) ✲ TEL 0565-37-8567
✲ URL http://toyotagarou.jp
✲ MAIL info@toyotagarou.jp
.
.
#豊田画廊 #豊田市
#新春絵画蔵出し #日本画 #洋画 #版画 #物故作家  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2018年12月18日 20:48

歳末絵画蔵出し市 12/19〜12/29

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:日本画カテゴリ:洋画

歳末絵画蔵出し市
12月19日(水) ~29日(土)


今年一年のご愛顧委感謝し、特別企画として歳末絵画蔵出し市を開催いたします。
日本画・洋画・版画の物故巨匠から実力は作家まで多彩に取り揃え、歳末ならではの特別価格にて展示即売いたします。ぜひこの機会にご来廊ください。



山口華楊 「蘭花」 8号



青木敏郎 「椿とコンフィ」 4号




  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)

2018年10月09日 19:03

稲垣草児 油絵展 10/10~10/16

カテゴリ:催事のご案内カテゴリ:洋画
◆ 稲垣早児 油絵展
10/10(水)~10/16(火)
10:00~19:00(最終日は16:00閉場)

◇作家在廊予定
10/10(水)・10/13(土)・10/14(日)・10/16(火) 各日午後1時より


「春の庭園」 F6


卓上の静物や美しい花々、郷愁を誘う風景や、優しい庭園風景など、油絵の魅力満載で心動かされます。ぜひお越しください。

「霧ヶ峰」 P50





稲垣草児 profile
1964 愛知県生まれ
1989 愛知県立芸術大学 絵画専攻油画 卒業
1992 YAG美術展 (愛知県美術館、以降毎年)
1993 個展 (ギャラリーはくぜん、96年迄毎年)
1996 New Generation展(名古屋画廊、99年迄毎年)
1997 個展(名古屋日動画廊) 新世代アート"挑戦"(名鉄百貨店、02年迄毎年)1999 個展(名古屋画廊)
2001 名鉄ホールパンフレット表紙絵を担当
2002 個展(名鉄百貨店、03、05年)
2008 写実画壇展(上野の森美術館、以降毎年)
BORAN展(ギャラリーセイコウドウ、10年迄毎年)
2009 JOBANNI展(Gallery Togeisha、10、13年、14年よりギャラリーセイコウドウ、以後毎年)
2010 ユリイカ展(サロンギャラリー余白、14年迄毎年)
2012 個展(丸栄ギャラリーエスパス) 17年
2013 個展(京都大丸エスパス京都)
2014 笠の会絵画展(松坂屋名古屋本店、16年迄毎年)
個展(ギャラリーセイコウドウ)
2015 個展(岐阜高島屋)
2016 羅の会展(銀座ギャラリー青羅、以後毎年)
2017 風景の見え方展(豊田画廊)
リアリテ ヌーベル(名古屋 画廊若林)
他、グループ展多数

写実画壇会員

  
  • LINEで送る


Posted by 豊田画廊 │コメント(0)